ルンバが欲しくなる算数

圧倒的・・・!

週1回、人間が掃除する場合

「1日あたり発生する部屋の汚れを1」とし、「人間は1回の掃除で部屋の汚れを100%除去できる」とします。また、「初日の部屋の汚れはゼロ」とします。

1ヶ月28日間の汚れはこんな感じになりますね。

0 1 2 3 4 5 6
0 1 2 3 4 5 6
0 1 2 3 4 5 6
0 1 2 3 4 5 6

総計は (1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6) * 4 すなわち84です。

1日あたり 84 / 28 すなわち平均3日分の汚れに囲まれて生活しています。

1日1回、ルンバが掃除する場合

個人的な感覚から「ルンバはおよそ8割くらいまで部屋を綺麗にする」という前提でいきます。

ルンバが働くと、こんな感じですね。

0.2 0.2 0.2 0.2 0.2 0.2 0.2
0.2 0.2 0.2 0.2 0.2 0.2 0.2
0.2 0.2 0.2 0.2 0.2 0.2 0.2
0.2 0.2 0.2 0.2 0.2 0.2 0.2

なんということでしょう!!!!!驚異の平均汚れ0.2日分!!!!

人間が1週間に1回掃除するより、15倍もルンバの方が綺麗です!!!

ご注文はこちら!!!!!!

実際まじめな話どうよって

アレなところ

まず五月蝿いです。ラジコンカーなので本当にうるさいです。掃除機というよりミニ四駆の音がします。

厚手の絨毯くらいなら何とかなりますが、段差があると落ちます (進入禁止エリアで対応するしかない)。

あとまあ基本的にバカです。毎日完全オートで床を均質に掃除してくれる機械では全くないです。最上位モデルはカメラ積んだり色々やってるみたいですが、ちょっと流石に高いですよね。超でかいアメリカさまの家をメンテナンスする機械としてはあの価格もアリかもしれませんが、10畳ないような部屋で走らせるにはイマイチちょっと。

体当たりが微妙に強めなところも困りますね。机に積み上げた芸術作品を容赦なく倒壊させます。

いいところ

掃除が習慣になります。世間的にはそういう表現になると思います。

ITエンジニアに響くような言い方をすると、ルンバ購入により「部屋が散らかるとルンバが死ぬ」という結合テストが自宅にインストールされ、タイマー対応モデルを買うだけで継続的インテグレーションできます。もうこれ以上の説明は必要ないはずですよね。ぜひ買いましょう。

ついでに「ゴミは床に落としておけばいい」という心の余裕もついてきます。掃除するのはルンバです。